上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.01
Webサイトで連載していた作品「イセングリムの夜警」が、
新創刊雑誌で連載決定いたしました(^.^)!

その新雑誌の詳細が発表になりましたので
お知らせいたしますね!!

・タイトル……「夢幻燈」(むげんとう)
・発売日……3月23日(土) 
・発行……ハーレクイン社 
・季刊(3か月おき発行。次号は6月発売)


このようになっております。
ハーレクイン社からの発売と言うことで
ずいぶん作品の傾向が違うのでは…?と
思われる方もおられると思いますが(^.^;)、
内容はミステリー/ファンタジー系の
オリジナル雑誌になります。

以前「王子の優雅な生活(仮)」を連載していた
コミック雑誌「夢幻館」の後継誌という感じで、
この雑誌をご存じの方には、
作家陣もおなじみの顔ぶれになりそう。

「イセングリムの夜警」は、
続きを読んでくださる方にも
初めて読むという方にも楽しんでいただけるよう、
ちょっと切り口を変えた第1話を描く予定です。

頑張りますので、読んでいただけると嬉しいです(^.^)!

yakei-2.jpg
スポンサーサイト
前回の記事で、ホームページをフェイスブックに移しました!と
お知らせいたしましたが…

紫堂恭子のフェイスブックページ

そもそも、フェイスブックって何??という素朴な疑問を抱かれる方も、
実は少なくないんじゃないかと気がつきました、今さらですが…(^.^;)。

それで、このページを見てくださっている方に安心してみていただけるよう
超簡単なご説明をしてみたいと思います。


フェイスブックというのは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と
呼ばれるサービスです。
日本では、mixiなどが有名ですので、参加しておられる方も多いと思います。

mixiと大きく違うのは、
すでに加入している友達から招待されなくても
すぐに自分のページが作れること。
そして、基本的にはニックネーム等を使えず、実名で登録するということです。
実名で登録して、同じフェイスブックを利用する
リアル友達やリアル知人と便利につながろうというのが
フェイスブックの目的です。


こちらの説明はわかりやすいと思いますので、
もっと知りたい方は読んでみてくださいね。

2012年最新版】Facebook(フェイスブック)とは?Facebookの基礎知識

実名や実際の住所・メールアドレスを登録しますので
ネット上にそんな登録をして大丈夫なの?という疑問もあると思いますが、
最初は誰にも何の情報も公開しないように設定できますし、
慣れてくればごく仲の良い友達だけに公開、といった設定も出来ます。


とりあえずフェイスブックの記事を読むだけなら、登録しなくても大丈夫です。

記事にコメントをつけたりすることは出来ませんが、読むだけなら誰でも出来ます。
紫堂のページをクリックすると、「登録しましょう」みたいな入力画面が出てきますが、
キャンセルしてそのまま記事を読むことが可能です(^.^)。

とりあえずは、いろんな記事を読んでみてはいかがでしょうか。
ユニクロやスターバックスなど、企業もページを持っていますし、
作家さんやアーティストのページもたくさんあります。

紫堂が見たところ、フェイスブックの記事を読んだりするためだけに登録して、
名前以外の情報をほとんど非公開にしている方もたくさんおられます。
名前も、紫堂恭子、Kyoko Shitou、しとうきょうこなど
いろんな形式で登録することが出来ます。
これだと、他人に個人が確定されてしまうことはありません。

よかったら、まずはページを表示してみてくださいね(^.^)!

ひとつ前の記事の日付が1月10日………(^.^;)。
今日は11月2日、もう一年が終わっちゃうという………。

突然ですが、フェイスブックページをはじめました。
まだ作り始めたばかりなので、記事も少ないし
何が出来るかもあんまりわかってませんが(^.^;)
とりあえずは公開始めましたので、チェックしてみてくださいね!

紫堂恭子のFacebookページ


メインのホームページをMacのme.comというサービスで作っていたのですが、
サービスがiCloudにバージョンアップしてからは、
私のコンピュータのOSは古すぎて対応不可に……(T.T)。

OSをアップすればいいじゃないかという話なんですけど、
周辺機器やアプリとの相性などが100パーセントで、
快適に仕事できる今の環境をなかなか簡単に変えられないんですよね…。
どうしてもうまく動かない場合には何十万円も出して
アプリ等を買い換える事も必要になってきますし…(T.T)。


なので、今の環境で無理なく使えるフェイスブックに参加することにしました。
こちらのブログも当分は併用しますが、
いろいろなお知らせや、アシスタントさんの募集する際などの詳しい記事も
フェイスブックを基本にしていくつもりです。

とりあえずの公開ですので、
少しずつアップしていきますね(^.^;)。

今、「イセングリムの夜警」のネーム締め切りが過ぎちゃっているので
ちょっと慌てている紫堂でした。


大変お待たせしていた「聖なる花嫁の反乱」第8巻
2月12日に発売予定です(^.^)/!

8巻は、紫堂の原稿の遅れで少し発行がのびてしまったのですが…(@-@;)、
年明けの2月になってしまったのにはわけがありまして。

「花嫁」を連載中のフレックスコミックスから発売されるコミックスは、
今年2月から、発行元が「ほるぷ出版」に変更されることになりました。

街の一般書店で購入されていた方は、
今まで通りの書棚の位置にコミックスが並べられるそうですし、
カバーデザインなども今までと同じですから
迷われることはないと思います。
(既刊の1~7巻も、継続して書店で購入できます)

書店で注文していただいていた方は、発売元が
ソフトバンクパブリッシングから「ほるぷ出版」になりますので、
注文の際はご注意をお願いいたしますm(_ _)m!

詳しくはフレックスコミックスのこちらのページもご覧になってくださいね!


「聖なる花嫁の反乱」は、全10巻を予定しておりますので、
第8巻はクライマックスに向けて緊張感が高まる展開です!
楽しんでいただけると嬉しいです(^.^)!







2012年の新年が明けました…。
昨年は日本全体がいろいろ大変な年でしたけれど、
今年は皆でともに成長できる年にしていきたいです。


えーと、…とりあえず、ご挨拶と遅ればせながらお詫びを…m(_ _)m。
この一つ前のブログ記事は7月の日付ですから
ほぼ半年、全く更新しなかったことに…(@-@;)。
時々はチェックしていただいていた皆様、すみませんでした。
ちゃんと生きておりますので…(^-^;)。

昨年はありがたいことに、こなしきれないくらい
たくさんお仕事をいただいて、
ペース的にもちょっと難しいかな?とも思っていたのですが…
やはりなかなか、若い頃のようには
ばりばり描くことができず…。

「聖なる花嫁の反乱」「イセングリムの夜警」
2作品の連載が滞りがちになってしまい、
読者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいましたm(_ _)m。

今年はちょっとペースを落とすことにはなりますが、
二作品を隔月で描かせていただくよう調整してもらいましたので
毎月どちらかの作品は必ずWebで読めるように
確実に更新していこうと思います。

今年も面白い作品を皆様にお届けできるよう頑張りますので
よろしくお願いいたします(^.^)!


他にもいろいろお知らせしたいことがありますので、
また日を改めてコミックスのお知らせなどいたしますね。





hanayome32.jpg



きゃー、もう7月!!!(^.^;)

とりあえず、「聖なる花嫁の反乱」32話配信中ですので
ぜひぜひFlexComixのサイトで読んでくださいませ~m(_ _)m!

もう遠く過ぎ去った5月の話なんですが(^.^;)
ただでさえスケジュールがつまっているのに
家族全員が順番に風邪を引いて寝込んでしまい…。

「聖なる花嫁の反乱」の連載を一ヶ月お休みしてしまい、
いつも読んでくださる皆様には申し訳ありませんでしたm(_ _)m。


そのかわり、担当編集さんが「聖なる花嫁の反乱」おさらい編
特集を作ってくださいましたので、
まだ見ていない方がおられましたら
32話の前にチェックしてみてくださいね!

とくに、おもな登場人物の相関図のところは
作者の私でも頭がこんがらがるような、ごちゃごちゃの人間関係…(笑)。
担当さん、よくビジュアルにまとめられたなあ…と感心してしまいました。

おさらい編、32話とも、こちらで読むことが出来ます!


まだ風邪でお休みした時のスケジュールが取り戻せず、
半月に1作のペースで作品を描いている最中です(^.^;)。
おかげで他のことがなんにも出来ませんけれど(T.T)…。

7月には「イセングリムの夜警」第2話が配信される予定です!
配信間近になりましたらブログでお知らせしますので
よろしくお願いいたします!!!




ホラー&ファンタジー倶楽部での新連載、
「イセングリムの夜警」は、5月19日に公開スタートです!

舞台は広大な「イセングリムの森」の東にある小さな田舎町。

住人たちはごく普通ののどかな暮らしを送っているのですが、
森には昔から魔の物が棲み着いていて、
いろいろな不思議や秘密が密かに息づいています。


第1話は、まだあまり話が進んでませんけど(^.^;)
回が進むごとに、いろいろな謎や、かなり風変わりな人たちや
語られない秘密などが少しずつ描かれていく…予定です(笑)。

ぜひぜひ、第一回の公開をお見逃しなく!!

第2話は、一月おいて7月の公開ですが、
それからはほぼ毎月連載の予定…(^.^;)。
紫堂のキャパシティの問題もありまして、
ちょこちょこお休みを頂かなければならないかもしれませんが、
作者本人にも面白くなりそうな手応えのある作品ですので、
ぜひ読んでいただければ嬉しいです!









先日FlexComixの担当さんからお電話があり、
「聖なる花嫁の反乱」~亡国の御使いたち~のコミックスで行っていた
サイン入り複製原画や、ポストカードの読者プレゼントが
当選者の皆さんに発送されたそうです!

掲示板でも、「当たりました!」という報告をしてくださっていましたが、
皆さんのお手元に届いた頃ではないでしょうか。

担当さんのお話では、地震の被災県(福島など)の方にも
何人か当選者がいらっしゃって、無事に届くかどうか心配されていました。

今のところ宛先がわからなくて戻ってきたものはないそうですが、
局留めになっている郵便もあるかもしれませんので
後で戻ってきた場合には、お電話などでできるだけ確認をとるそうです。
なんとか、無事にお手元に届きますように!!!m(_ _)m


ただいま紫堂は、ホラー&ファンタジー倶楽部の新連載
「イセングリムの夜警」第1話がアップし、
「聖なる花嫁の反乱」の第32話にかかっているところです。

新連載の内容はまた改めてお知らせしますが、
ホラー&ファンタジー倶楽部の担当さんによりますと、
Webでの更新を今までの隔月から毎月更新にしたいとのこと。


きゃ~~~~

ってことは、「聖なる花嫁の反乱」と「イセングリムの夜警」の
連載二本を毎月執筆…!?
ページ数にして約60ページ以上…!?


このくらい普通と思われるかもしれませんが…(^.^;)
キャパシティの少ない紫堂にはかな~~~り無理なスケジュール……

今までも完全に毎月連載できてなかったので(^.^;)
ちょこちょこ間に空白…いやお休みなどが入ってしまうかもしれませんが、
皆さんに楽しんでいただけるよう何とか頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m!!!
今日から4月、新しい年度になりましたね!!

前年度は途中で中断してしまった「聖なる花嫁の反乱」を
フレックスコミックスで掲載してもらえることになり、
私にとっては本当によい年でした。
「王子の優雅な生活(仮)」も無事完結できましたし
本を作ってくださり、読んでくださる皆様方のおかげです。


3月は決算期でしたから、読者の皆様からいただいた
漫画の全収入の5パーセントを義援金として
いろいろなところへ寄付させていただこう!と決めました。



著名人や芸能人のように大金ではありませんが(^.^;)、
それでも私にとっては一度に出すのはなかなか大変な額。
…ということで、「無理なくコツコツ義援金計画」をたててみました。

用意する物は、封筒一枚。
…で、終わりです(笑)。

封筒に5パーセントの目標額を書き、
とりあえず今入れられるお金を入れておきます。
まず必要と思われるところに寄付をしていき、
出ていったお金も記録しておきます。

街頭募金や、野球などの試合や、各種イベントなどで
少額ずつチャリティー募金をする時にも、
この封筒から必ずお金を割って支出します。

お金がなくなったら、また余裕のある時に足していって、
目標額になるまで1年間続けます。
…これなら無理せず私にもできそう(^.^)。

Image003.jpg
3月のホークス×ヤクルト オープン戦チャリティー試合に行きました!(^.^)




知人からのメールに、
「義援金へのプレッシャーを感じてしまって…」と書いてありました。
それはそうだと思います、被災者の方々を助けたくても、
実際に自分に出せる額には限りがありますものね。

募金やチャリティーはこれからもずっと続いていきますから、
最初に目標額を「1年間で○円」と決めて
無理のない範囲で募金すればと思います。

個人のエネルギー使用はできるだけ節約し、
その分商業施設やスポーツ観戦などで楽しくお金を使って、
使うお金の一部を少しでも寄付する。
そんな感じでいいんじゃないでしょうか(^.^)。


hanayome7.jpg



まだ震災や原発などで日本中が混乱しているときではありますが…

3月29日発売の「聖なる花嫁の反乱」7巻
発売延期になるのかなと、ちょっと本人も思ったりしたのですけど、
なんと皆様のおかげで無事発売日を迎えることができました!!

これは昨日の、担当さんからのメールです。

>昨日無事に発売日を迎えましたー!
>大変な中、印刷所や取次さんも頑張ってくださいまして
>無事に、書店さんに並んでおります。


関東でも停電や、生活物資も不足気味の中、
頑張ってくださった皆様方、ありがとうございますm(_ _)m。

…あまりほのぼのできる作品とは言えませんけど(^.^;)、
登場人物たちの生命力の強さを感じていただければ嬉しいです!
書店で見かけたら、手に取ってみてくださいね。



日々のニュースで被災地のご苦労・ご心痛を思いますし、
原発事故の収束が見えず
放射性物質の拡散がまだ止められないことなど、
心配なことはもうきりがありません。

でも、今回の事故が起こったために、
いままでは放射性物質などにただただ「怖い」イメージしかなく
正確な情報をほとんど知らなかった事にも気づかされました。

きちんと防備する必要のあることと、
パニックを起こす必要のない情報とを
区別することは難しいですが…

それでもひとつひとつ判断していかないと、
漠然とした「不安」にふりまわされていては
生活することができません。

地に足をつけて、こんな時こそ冷静でいられたらと思います。
こうしている間にも、危険の最前線で
日本全体のために働いてくださっている方々がいるのですから。

産経新聞の記事より
原発作業員「俺たちがやる」 危険冒してまで、なぜ行くのか





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。